Close
Digital Twins

プロセスマイニングはどのように組織のデジタルツインを可能にするか

TOPICS一覧に戻る

2021.02.26

プロセスマイニングはどのように組織のデジタルツインを可能にするか

双子の人口は世界人口のわずか3%しかいないことを知っていますか?その相対的な希少性が、世界の多くの社会が双子の力をめぐる神話を生み出してきた理由を説明しています。

過去40年間で双子の出生率は60%以上も上昇しています。その理由は特に神秘的なものではありませんが、興味をそそられるのは、ビジネスの世界という予想外の分野での双子の数の増加です。

市場からの圧力により、企業は顧客満足度を高めつつ効率を最大化するための新たな方法を模索することを余儀なくされており、多くの企業が改善を促進するために「デジタルツイン」を作るというアイデアを検討しています。

デジタルツインとは?

組織のデジタル・ツイン(DTO)とは、実際のプロセス、製品、サービスのレプリカ(仮想モデル)のことです。これにより、デジタルインスタンスで製品、サービス、プロセスを分析して最適化することができ、何がうまくいっているかを再現したり、現実の問題になる前に問題に対処したりすることができます。

DTO のコンセプトは新しいものではありません。実際、10年以上も前から、デジタル・ツインは、エンジンや風車の動作の診断をしたり、航空や鉱業などの多様な産業でシミュレーションを駆動するために使用されてきました。近年、このアイデアは着実に注目を集めており、過去3年間、ガートナー社の「戦略的技術トレンドトップ10」リストに登場しています。

デジタルツインは、現実の双子と同じように、静的なカーボン・コピーではありません。何が起こっているのかを動的に表現し、リアルタイムの適応性を実現するために同期させたものです。このように仮想世界と現実の物理世界が対になることで、ダウンタイムを防ぎ、新たな機会を浮き彫りにし、将来の計画を立てるための洞察を得ることができます。

ビジネスオペレーションのダブルテイクを行う

モノのインターネット(IoT)を通じて無限量のデータを利用できることが、デジタルツインが脚光を浴びる主な理由となっています。そして、業界アナリストも注目しています。IDCがデジタルツインに関して実施した幾つかの予測の一つとして、DTO テクノロジーに投資した企業は、重要なプロセスのサイクルタイムを 30% 短縮できるだろうと言っています。

これは効率性の向上を約束する魅力的な予測であり、リソースを節約し、スピードと顧客満足度を向上させる可能性も秘めています。そして、それは理にかなっています。コアプロセスで何が起きているかを確認し、カスタマージャーニーを追跡できれば、有意義な改善のために適切な変更を行うことができます。つまり、デジタルツインは、どのようにしてステークホルダーに最高の価値を提供できるかを示すことができるのです。

まずは何から始めればいいのでしょうか?そうですね、デジタルはデータに依存しています。実際、デジタルツインの2つの主要な推進要因は、データとアナリティクスです。コアプロセス、サポートプロセス、サブプロセスのすべてのアクションのすべてのステップが追跡されています。そこでIoTとともに、今日のビジネスオペレーションとその基盤となっているITシステムは、データの主要な供給源となっています。

では、自社のシステムがデータを提供できるのであれば、それを抽出して分析するための最善のアプローチは何でしょうか?

プロセスマイニングをミラーとして使用する

プロセスマイニング技術は、DTOを構築するための中核的なイネーブラーです。業務システムから直接データを使用してプロセスステップの可視化を行うため、プロセスマッピングやモデリングなどの従来の手法のように、エラーや主観に左右されることがなく、迅速に処理を行うことができます。

また、プロセスマイニングは、組織上のコンテキストを提供し、プロセスオペレーションでの「何を」を俯瞰する視点で見ることができるようになり、物事が「なぜ」起こっているのかを掘り下げるのに役立ちます。

プロセスマイニング技術のもう一つの利点は、その柔軟性です。大企業や複雑なプロセスを抱えている場合は、特定のエンドツーエンドのプロセスに対象を絞って見ることから始めることができます。そこから迅速かつ容易に拡張して、すでに得た洞察を基に構築することができます。一度にすべての作業を分析、優先順位付け、最適化しなければいけないとプレッシャーを感じる必要はありません。

ガートナーは2018年の「プロセスマイニングのマーケットガイド」の中で、プロセスマイニングは「あらゆるビジネストランスフォーメーションを推進する不可欠な要素の一つとして成長した。組織のこのデジタルツインにデータ接続部分を提供することで、デジタルビジネス化を推進する上で着実に役立つ可能性がある」と指摘しています。

https://www.gartner.com/en/documents/3870291/market-guide-for-process-mining0

ガートナー社はさらに、2020年までに50%の企業がデジタルツインを使用すると予測しています。このように、この新しいソリューションを中心に新たな神話が生まれる可能性があるように思えます。活用しようとする企業は、プロセスマイニング技術を使用してペアリングのパワーを最大限に活用することで、成功を確実なものにすることができます。

デジタルツインとプロセスマイニングの詳細については、こちらをご覧ください。ガートナーのウェブキャストをご覧ください。

TOPICS一覧に戻る