Close

お客様導入事例 : DEUTSCHE TELEKOM

事例一覧に戻る

ドイツテレコムのシェアードサービスセンターが6,600万ユーロ以上を節約した方法

Celonisは、ドイツテレコムサービスヨーロッパが、調達から支払いまでのプロセスを完全に透明化し、重複した支払いや現金割引の機会損失に対処することで、6,600万ユーロ以上のコスト削減を実現しました。

成功はゴールや目的地到達で終わるものではありません。ずっと続く旅である。

ドイツテレコムの子会社であるDeutsche Telekom Services Europe(以下、DTSE)にとって、成功とは、革新的で高品質なエンドツーエンドのシェアードサービスを全社に提供することを意味します。

シェアードサービスセンターは、財務、レポーティング、調達、人事の各機能を統合し、ドイツテレコムグループ全体の高度にデジタル化された、調達から支払いまでのプロセスを提供しています。他の部門がコアビジネスに集中できるように、購買リクエストや受注管理の交渉から、請求書発行、支払いまですべてを処理します。

「この構造は非常に革新的である」、とDTSEのProcure-to-Pay担当シニアVPであるPeter Tasev氏は言います。「調達部門と買掛金部門を一つ屋根の下に置くことはあまり一般的ではありませんし、少なくともあるべき姿と言うほど一般的ではありません。」

調達部門での購買リクエストから売掛金部門での支払状況の確認まで、エンドツーエンドのバリューチェーンをデジタル化することは、適切な考え方だけでなく、適切な技術も必要とする大規模な作業です。「私たちは、誰もが同じ標準化された構造、プロセス、データを使って作業できるようにしたかったのです。」とTasev氏は言います。

非効率の根本原因に迫る

DTSEの調達から支払いまでのプロセスでは、200万件以上の注文項目(70億ユーロ以上の注文量)を処理し、年間約900万件の請求書を処理しています。そのプロセスは、よく整備された機械のように正確に処理する必要があります。バリューチェーンのわずかな不調が、数百万ドルの損失の原因となる可能性があります。

Peter Tasev氏と彼のチームが直面した主な課題の1つは、シェアードサービスセンターで毎日生成される膨大な量のデータを活用して、業務上の摩擦を特定して対処することでした。DTSEはすべてのコアプロセスのデジタル化に成功し、いくつかの問題点を認識していたが、これらの非効率化を招く根本原因をゼロにし、ひいてはそれに対処するのに苦労していました。

  • ベンダーへの支払いが重複しているため、多額の現金損失が発生していた。

  • 支払いが滞っているため、早期支払いによる現金割引を最大化することができなかった。

  • 納期の正確さに欠けるため、厳しい納品遅延ペナルティが発生していた。

  • 従業員は、価値の低い取引業務に時間を浪費していた。

  • 議論や最終的なビジネス上の意思決定は、数字ではなく主観的な経験に基づいて行われていた。

DTSEがプロセスマイニングを利用したのはこのためである。

Celonisでデータ分析をスケールアップ

DTSEは、SAP AribaやSalesforceなど10以上のソースシステムからデータを接続することで、プロセスフローをこれまでにないほど可視化することができました。「初めてCelonisの能力を目の当たりにしたとき、私は愕然としました。市場にはこれに匹敵するものは、他に何もありません」とTasev氏は言います。

「すべてをセットアップした途端に、「すごい!」という瞬間がありました。初めてプロセスを可視化して、実際のものとして見て、非効率な箇所を直接指摘することができました。」

Peter Tasev

Procure-to-Pay担当シニアVP, ドイツテレコムサービスヨーロッパ

DTSEは、プロセスが実際にどのように実行されているかについて、常に最新の知識を持つことで、新しいKPIを定義するだけでなく、KPIが軌道から外れた場合の早期警告システムを開発することができるようになりました。

「Celonisはゲームチェンジャーです」と、Procure-to-Payの運用・戦略運営担当副社長であるChristian Unterbusch氏は付け加えます。「プロセスマイニングを活用することで、私たちはProcure-to-Pay分野で完全にデータドリブンの組織を確立しました。これはシェアードサービスセンターが約10年前から追求してきた目標でした。

  1. 現金割引の最大化: 未決済の処理保留請求書を使ったリアルタイムレポートにより、96%の現金割引率を達成し、年間4,000万ユーロの追加節約につながった。

  2. 期日内の支払い: Celonis Action Engineは、請求書に自動的に優先順位を付け、期日通りの支払いを促進します。リアルタイムアラートと自動化されたプロセスステップのおかげで、90%以上の期日内支払い率を達成しました。

  3. 自動化の促進: 受注管理のノータッチ(人手を介さない)率を大幅に向上させたため、調達の効率化が促進され、1,200万ユーロの節約につながった。プロセスの効率化により、DTSEの発注書は初回から90%以上の確立で正確に発注されるようになった。

  4. 重複払いの回避: 重複払いのリアルタイム分析も確立しました。CelonisのAction Engineを活用してすべての支払いを比較し、従業員への重複払いにフラグを立てることで、300万ユーロを節約し、今後の重複払いもブロックしました。

  5. 契約上の違約金の執行: 契約上の違約金オプションについて体系的に分析しています。その結果、2019年だけで約160万ユーロの違約金を受け取りました。

「ドイツテレコムの社内顧客は、Celonisを利用することで大きなメリットを得ています」とUnterbusch氏はその一例として受注管理を挙げています。「これまでは価値の低い取引業務を行っていた従業員が、サプライヤーの選定や、より良い支払い条件の交渉に時間を割くことができるようになりました。これにより、当社のチームは年間を通じて数百万ドルのコスト削減を達成することができました」と述べています。

「2019年には、調達分野でCelonisを活用して1,000万ユーロ以上のコスト削減を実現しました。」とドイツテレコムのProcure-to-Pay部門運用・戦略運営担当副社長のChristian Unterbusch氏は語ります。

社内に広がる動き

このため、DTSEはプロセスマイニングのセンターオブエクセレンスを設立しました。IT、データサイエンティスト、データアナリスト、ビジネスアナリスト、および経営陣との間のインターフェースとしての役割を果たすこのチームは、データ収集から分析、プロセス強化、エンドツーエンドのKPIモニタリングまで、プロセスマイニングサイクル内のあらゆる分野をカバーしています。

「プロセスマイニングは、非効率なプロセスを特定し、リアルタイムでプロセスを改善するための対策を実施し、それに応じてKPIを定義し、継続的にモニタリングすることで、大きな付加価値を提供してくれました。」

Peter Tasev

Procure-to-Pay担当シニアVP, ドイツテレコムサービスヨーロッパ

「Celonisが他のツールと異なる点は、すべての従業員が同じデータを見ているということです。」と、Celonis導入プロジェクトマネージャーであるDTSEのMichael Gudel氏は述べています。プロセスの流れや摩擦ポイントを客観的に見ることができるプロセスマイニングは、企業全体が一丸となり一つの目標に向かって行動することを可能にします。

主観的な意見や推測が不要になります。

「ICS*、監査、財務、制御、テクノロジーの各部門の担当者が一堂に会し、Celonisのテクノロジーを活用したエンドツーエンドのプロセス改善について議論しています。」とPeter Tasev氏は述べています。

*ドイツテレコムの内部統制システム

現在、1,500人の従業員がドイツテレコムグループ全体で150のユースケースでCelonisを利用しています。「買掛金から売掛金、調達、人事、顧客サービス、法令順守監査に至るまで、誰もがCelonisを利用しています。」とGudel氏は述べています。

ドイツテレコムにAIを導入

しかし、成功が旅であるならば、プロセス・エクセレンスを達成するというDTSEのミッションはまだ始まったばかりです。

DTSEは2021年までに、サプライチェーン管理やカスタマージャーニーなど、他の多くの分野でCelonisの導入を計画しています。Celonisの調査結果に裏付けられて、DTSEは社内の顧客にも処方的分析を提供したいと考えている。DTSEのAIインキュベータープログラムの共同リーダーであるMichaela Drost氏は、「プロセスインテリジェンスを次のレベルに引き上げ、AIをプロセスに導入したいと考えています。」と述べています。

彼女のチームでは、Celonisのプロセスマイニング技術を活用することで、AIの最も有望なユースケースを発見し、適切なテクノロジーを選択して、そのビジネスへの影響度を監視することができるようになります。

「私が担当している事業領域に思い描いているビジョンは、5年後には、AIが要求したり提案したりしない限り、誰も当社のトランザクションシステムに触れる必要がなくなるだろうということです。」とPeter Tasev氏は言います。

イノベーションがドイツテレコムの中核にあることを改めて証明するビジョンであり、成功は現在進行形であるが、DTSEはすでにその道を順調に進んでいる。

事例一覧に戻る
Deutsche Telekom
Play video TriangleCreated with Sketch.
Close