Close

お客様導入事例:SIEMENS

事例一覧に戻る

グローバルな規模でのプロセス改善の力

従業員数38万5千人、2019年の売上高約970億ドルを誇るシーメンスは、世界最大級の製造業企業だ。このような大企業がデジタルトランスフォーメーションを成功させるにはどうすればよいのでしょうか?

シーメンスの170年の歴史の中で、イノベーションは同社の成功の礎となってきましたが、デジタル化とインダストリー4.0の時代にあっては、これに勝るものはありません。

市場のリーダーとしての地位を強化するために、同社は新しいトレンドや技術を取り入れることに注力しています。そして、Celonisのプロセスマイニングを導入してプロセスを継続的に改善しています。即ち、複雑さを軽減し、透明性を高め、デジタルトランスフォーメーションを加速させています。

複雑さに正面から取り組む

シーメンスのような大企業では、事実上無限の数のビジネスオペレーションがあり、プロセスは非常に複雑で、透明性も高くありません。この複雑さを軽減することは、同社の最大の優先課題の一つであり、この規模では人智を超えた課題です。「これほど私を悩ませ、イライラさせるテーマは他にはない」とCEOのJoe Kaeser氏が言葉を残していのが知られています。

同社は、プロセスマイニングが問題解決に役立つ可能性を早くから認識していました。監査部門は、Celonis社が設立されたのと同じ2011年にCelonisを試用しました。当時の目的は、監査プロセス全体を完全に透明なものにできるソリューションを見つけることでした。

このプロジェクトが大成功したため、シーメンスは物流、財務、調達、販売の各部門にプロセスマイニングを導入しました。それ以来、世界で6,000人のユーザーにCelonisを導入し、10万人のサプライヤー、200以上の製造工場、100万人以上の顧客を処理しています。

3,000万件の受注項目を効率化

営業部門では、ユーザーのうち1,500人がプロセスマイニングを利用して、手戻りを減らし、自動化率を高めています。

顧客は、毎年約3000万点の商品を注文しており、場合によっては、注文入力から現金回収までの間に60もの個別のプロセスステップが存在することもあります。

同社のプロセスマイニング・リーダーであるLars Reinkemeyer博士は、「プロセスマイニングは、私たちが持っているすべてのアクティビティとバリエーションを表示してくれます」と言います。この透明性により、目標に応じてプロセスを最適化することができます。

しかし、Order-to-Cashのプロセスだけでも3億のアクティビティと923,000のプロセスのバリエーションがあるのに、実際にプロセスが最適化されているかどうかをどうやって知ることができるのでしょうか。

「単一のハッピーパスというものは存在しません。担当者は、プロセスマイニングで可視化したものを見て、プロセスの最適化を評価しなければなりません。担当者は、どの作業を省くか、自動化したいか、代替したいかを決めなければなりません。その後も50万通りのプロセスのバリエーションあるかもしれませんが、我々は、大幅な改善を達成しています。」とReinkemeyer博士は説明しています。

プロセスマイニングには、すべてに当てはまる万能なソリーションはありません。チーム、部門、プロセスによって当然のことながら異なる判断になる場合もありますが、プロセスマイニングにより、我々は成果を達成するための適切な意思決定を行うことができます。

自動化を24%増加させ、やり直しを11%削減します

Order-to-Cashの中で、シーメンスの目標は、プロセスマイニングをグローバル規模で活用して、国、部門、顧客、材料、製品など、様々な変数にまたがる指標をベンチマークすることでした。そのために、「Order Management 4 Tomorrow(OM4T)」を立ち上げました。

このプロジェクトでは、3つのKPIに焦点を当てました。自動化率、やり直し率、デジタルフィット率です。デジタルフィット率は、シーメンス・デジタル・インダストリーズのプロジェクト・マネージャーであるFranziska Biersack氏が考案した指標です。これはシンプルでありながら強力な方程式であり、手作業の数を受注項目の数で割ったものです。

「10個の注文で、5つの手作業がある場合、デジタルフィット率は0.5です。あなたが10個の注文と50個の手作業がある場合は、5です。 」とReinkemeyer博士は言います。言い換えれば、低いほど良いということです。

デジタルフィット率の計算は、Oder-to-Cashプロセスが完全に透明であれば、簡単にできます。世界中のシーメンスのチームは、個々のパフォーマンスを比較したり、お互いに協力し合ったり、ベストプラクティスを適用したり、自動化を進めたり、不必要な手戻りを排除したりすることができます。良いアイデアがあれば誰でも貢献することができます。

これらの努力は、目に見える成果につながっています。Order-to-Cashの業務において、自動化率を24%向上させ、手戻りを11%削減し、年間1000万回の手作業を削減しました。

成果の一例に過ぎない

これはシーメンスがCelonisで成し遂げた成果の一例に過ぎません。例えば、運用・製造部門では、プロセスマイニングの活用で毎年150万点の追加アイテムの納期を遵守しています。さらに、デジタル在庫管理の最適化により、さらに870万ドルの経済的付加価値(EVA)がもたらされました。

Celonisは、Purchase-to-Payのプロセスにおいて、特定のサプライヤーをターゲットにし、価格や数量の手動による変更を減らし、支払い期限の逸脱や納期の遅れに即座に対応することができます。

短距離走だが、マラソンの準備をする

Lars Reinkemeyer博士は、現在ではプロセスマイニングを世界規模で推進する第一人者の一人となっています。

プロセスマイニングの導入を促進するためには、人々の理解を得ることが鍵となります。「オープンなプラットフォームを提供し、強力なコミュニティを構築することです。」シーメンスの従業員は誰でもCelonisのプロセスマイニングを利用できる環境にいます。定期的な説明会、プロセスマイニングに関する年に一度のイベント、SNSによるコミュニケーションなどで、シーメンスはデジタルな未来に向けて準備を整えています。

しかし、何よりも、「短距離走だが、マラソンの準備をしておくべきだ」と述べています。

初期の結果は、チームが正しい方向に進んでいることを示すためにはいつでも歓迎されますが、プロセスマイニングが組織全体でその可能性を真に発揮するためには、長期的なコミットメントが重要です。

シーメンスは2011年以来、プロセス改善能力を開発し、世界中のビジネスに適用してきました。

事例一覧に戻る
お客様事例:SIEMENS
Play video TriangleCreated with Sketch.
Close