Close

Execution Application:
Accounts Payable編
「キャッシュフローを最大化させる買掛・支払管理の仕組み」

登録
Accounts Payable Webinar

Execution Application:
Accounts Payable編
「キャッシュフローを最大化させる買掛・支払管理の仕組み」

開催日時:2021年2月25日(木)16:00 - 16:40

これまで、そして多くの企業は依然として買掛金処理をコストセンター、つまり請求書をより速く、より安く処理することに重点を置いたバックオフィス機能と考えられてきました。また、他のバックオフィス機能と同様に、統合、外注、オフショア化が真っ先に考えられる企業機能でもあります。買掛金で考えられる最適化も、同じリソースでより多くのアウトプットを得ることを目的としており、それ以上のことはほとんど行われていません。 ただし、コロナ禍で世界中の企業がキャッシュフローの重要性を再確認している今、買掛金を梃子にしないのはタンスの肥やしと言っても過言ではありません。松下幸之助氏の著書「実践経営哲学」にて彼は次のように説明しています。 「ダムのようなものを、経営のあらゆる面に持つことによって、外部の諸情勢の変化があっても大きな影響を受けることなく、常に安定的な発展を遂げていけるようにする」。 他の業務プロセスと比べ標準化されているプロセスであり、そしてCCC(キャッシュコンバージョンサイクル)に大きく影響する買掛金こそ、「キャッシュのダム」を築ける機能なのです。 昨今のような危機に陥っている場合は、より多くの流動性を支払いサイトの調整などで確保することも検討できます。そしてキャッシュに余裕が出てきたら戦略を変えて海外事業の場合はディスカウントのため、早期支払いにシフトすることも考えられます。企業として何を求めるかによって適宜買掛金機能のオペレーションを適応させることがキャッシュフロー経営の観点で極めて有効なのがわかります。 これまで以上に資金の管理が必要である今だからこそ、買掛金処理の仕組みをキャッシュ創出のレバーとして価値を最大化していきましょう。

本ウェビナーでは組織的に、そしてスピーディに買掛金オペレーションの最適化に繋げるAccounts Payable(買掛金処理) Execution Applicationをご紹介します。シーメンスやボーダフォンなどで劇的に運転資金の改善、請求処理自動化を実現している買掛金処理の仕組みをご体感いただけます。 イベントの参加前にお勧めのプロセスマイニングに関する情報は以下となります。
https://www.celonis.com/jp/solutions

講演者:Celonis株式会社 Solution Engineer 施 瑞(Rui SHI)

主催:Celonis株式会社

対象:経営層、IT(開発、運用)、企画、事業部門の担当者様、パートナー企業様
※上記以外の方がご登録されました場合、参加をご辞退いただく場合がございます。あらかじめご了承願います。

開催:オンライン どこでも気軽にご視聴頂けます。
本Webセミナーは「GoToWebinar」を利用して行います。

費用:無料

本イベントについてのお問い合わせ先:イベント事務局 Email : marketing-japan@celonis.com

ご登録ありがとうございます。受講詳細につきましては、メールにてお送り致します。

新規フォームの送信
すべての項目を入力してください