Close

ニュース

日本法人に関する最新情報をお伝えします。

プロセスマイニング協会設立の写真
一般社団法人プロセスマイニング協会(APMJ)設立発表
October 14, 2020
~プロセスマイニングの普及啓蒙、活用拡大、人材育成を通じて 企業・組織の競争力強化を図る~
More information

一般社団法人プロセスマイニング協会(所在地:東京都千代田区/代表理事:百瀬公朗)は、ビジネスプロセスの可視化・分析・高度化に欠かせないプロセスマイニングの社会的認知を高め、実践ノウハウの共有などを目的に2020年6月17日、一般社団法人プロセスマイニング協会(略称:APMJ)を設立したことを本日発表いたしました。
APMJサイトへのリンク:https://apmj.or.jp/

以下は Celonis株式会社 代表取締役社⻑ ⼩林裕亨 様(正会員企業)のコメントとなります。

このたびは、⼀般社団法⼈プロセスマイニング協会設⽴おめでとうございます。⽇本がデジタルトランスフォーメーションの潮流を迎える新しい時代に、最重要技術となるプロセスマイニングの協会が⽇本で設⽴され、プロセスマイニング世界最⼤⼿Celonisの⽇本法⼈である当社が、協会設⽴時から会員としてご⼀緒できることを誠に喜ばしく思います。今後の⽇本におけるプロセスマイニングの発展を⼼から祈念すると共に、会員の皆様と⼒をあわせ、⽇本のビジネス改⾰への貢献に寄与してまいります。Celonis株式会社

1119101187-520x
プロセスマイニング導入の解説書、「プロセスマイニングの衝撃~シーメンスやBMW、Uberは、なぜ本気で取り組むのか?~」が出版されました!
September 14, 2020
プロセスマイニングは、DXの時代を迎えた今、あらゆる企業において必要となる!是非ご一読ください。
More information

Lars Reinkemeyer(ラース・ラインケマイヤー)教授の原書となる、「Process Mining in Action(Springer社刊)」訳:百瀬公朗(上智大学 特任教授)が9月11日に出版されました。
デジタルトランスフォーメーションが必須となる現代にて、プロセスマイニングは多くの企業のビジネス(業務)プロセスを見直し、自動化やデジタル化を実現するために必須のツールとなります。
本書は、まだ日本では参考となるものがあまり出回っていない、プロセスマイニング導入の実用的なノウハウを公開する解説書です。また、本書中では、Celonisを導入したシーメンスやBMW、そしてUberの導入事例についても取り上げられておりますので是非ご覧ください!

Celosphere Japan imagge
Celosphereが日本に初上陸!「Celosphere Japan 2020」
July 08, 2020
世界最大のプロセスマイニングのユーザーカンファレンスが7月21日(火)オンラインにて開催
More information

プロセスマイニング世界最大手のCelonis SE(ドイツ、ミュンヘン、共同創業者兼共同CEO バスティアン・ノミナヘル)の日本法人であるCelonis株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 小林 裕亨、以下:Celonis)は、世界最大のプロセスマイニング・グローバルユーザーカンファレンス【Celosphere】が【Celosphere Japan 2020】として、日本初上陸を果たし、2020年7月21日(火)オンライン開催することを発表いたしました。本カンファレンスでは、グローバル企業のCelonis導入事例、業務プロセス変革のベストプラクティスを一挙公開し、Celonisの主要サービス、最新機能についても詳しくご紹介し、既に導入いただいている企業様やこれから導入を検討されている企業様を対象に開催いたします。

【Celosphere Japan 2020】開催概要
日 時: 2020年7月21日(火)9:00 ~ 21:00
主 催: Celonis株式会社
参加費: 無料(事前登録制)
言 語: 日本語
サイト: https://www.celonis.com/jp/celospherejp2020
※開催時間中お好きなセッションをご視聴いただけるオンデマンド配信になります。
Celosphere Japan imagge

■ 主なプログラム

  • 『Welcome to Celosphere Japan 2020』
  • 『基調講演 : プロセスマイニングとは何か?なぜCelonisか?』
  • 『プロセスマイニングの最新動向とCelonisのグローバル戦略』
  • 『製品デモ : 無料で簡単!すぐ見える化!Celonis SNAP利用事例のご紹介』
  • 『製品デモ : データ準備編!データ投入から分析開始までを実機を交えてご紹介』
  • 『導入事例 : ABB - デジタルサプライチェーンを劇的に変える方法』
  • 『導入事例 : BMW - プロセス・エクセレンスへのジェットコースターのようなジャーニーで学んだこと』
  • 『導入事例 : Deutsche Telekom - プロセスマイニングを利用してデータドリブン型企業になることで、どのように大きな価値を獲得したか』
  • 『導入事例 : Lufthansa CityLine - 定刻出発で顧客満足度を高める』
  • 『Celonis パートナープログラムのご紹介』

【Celosphere Japan 2020】の詳細とお申込みは下記WEBサイトをご確認ください。
https://www.celonis.com/jp/celospherejp2020
お問い合わせ先: 
Celosphere Japan Seminar事務局 celosphere-japan@operation-desk.jp

Celonisについて
プロセスマイニングおよびプロセスエクセレンスソフトウェアのリーダーであるCelonisは、データをインサイトとアクションに転換します。CelonisのIntelligent Business Cloudにより、組織はビジネスプロセスを迅速に理解し改善することが可能になります。Siemens、3M、Airbus、Vodafoneを含む世界中の企業は、Celonisを利用して行動を導き、ビジネスプロセスの変革を推進し、数百万ドルのコスト削減とカスタマーエクスペリエンスの向上を実現しています。

【本件に関する報道関係者からの問い合わせ先】
Celonis株式会社
マーケティング担当 土方三千代(ひじかた・みちよ)
Tel : 03-6841-4143
Email : marketing-japan@celonis.com

Celonis Snap PR(Japan)
プロセスマイニングのリーディング企業「Celonis」から 無料版「Celonis Snap」の利用促進強化を発表
July 01, 2020
無料・簡単・すぐ使える、すべての業務とあらゆるシステムへの業務課題解決の支援へ
More information

プロセスマイニング世界最大手のCelonis SE(ドイツ、ミュンヘン、共同創業者兼共同CEO バスティアン・ノミナヘル)の日本法人であるCelonis株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 小林 裕亨、以下:Celonis)は、 Celonis Intelligent Business Cloud(以下Celonis IBC)の無料版であるCelonis Snap(www.celonis.com/jp/get-started/)の利用促進の強化について発表いたしました。

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスによる感染拡大の影響を受け、多くの企業が業務プロセスの変更や再構築を余儀なくされている中、プロセスマイニングによる業務プロセス可視化の必要性はますます高まっています。特に加速するテレワーク体制による従業員の在宅による業務プロセスの可視化など、企業は身近に迫るこのような業務課題の解決に迫られている状況です。

このたび利用促進を強化する「Celonis Snap」はCelonis IBCの無料エディションであり、誰でも簡単にプロセスマイニングを利用できるクラウドサービスです。プロセスディスカバリー(発見)のコア機能や分析ツールを中心に構成され、CSV, XLSX, Google Sheets, XES形式のファイルをアップロードすることにより、迅速にプロセスマイニングでの業務分析を開始することが可能です。クラウド上で利用可能なデータ量は500MBであり、プロセスマイニングのトライアル利用や小規模導入に適し、グローバル全体では7000以上のCelonis Snap環境がユーザーに提供されており、日本企業でも30社以上が様々な用途で利用しています。

Celonis Snap Discover (Japan)
Celonis Snapによる業務プロセスの課題発見

Celonis Snap Dashboard (Japan)
Celonis Snapダッシュボードでモニタリング

今回の「Celonis Snap」利用促進の一環として、業務ですぐに利用できる国内企業用サンプルデータフォーマットを無料で提供開始いたしました。これにより、データ準備を容易に行うことが可能となり、また日本語での利用ガイドの動画の提供も開始し、より多くの日本国内ユーザー企業において、プロセスマイニングがより取り組みやすい環境をご提供いたします。

サンプルデータフォーマット例:

  • 出退勤分析
  • 作業場所分析
  • 作業進捗分析
  • シフト分析
  • マーケティングリード分析
  • 営業日報分析
  • ITサービス分析
  • 保守サービス要員分析
  • 決裁フロー分析
  • 備品管理分析
  • 請求書支払い分析
  • 経費精算分析 など

Celonisは、あらゆる業務領域や業種、スクラッチシステム、パッケージシステムを問わず汎用的に利用できる「Celonis Snap」の導入により、プロセスマイニングのさらなる普及とお客様のデジタルトランスフォーメーションの支援に引き続き尽力してまいります。

Celonis Snap対象機能・データ容量の制限について:Process Discovery/Process Analytics/Process Benchmarking/Conformance Check/Action Engine(限定)/500MB上限
(上記以外のProcess Automation/Transformation Center/Machine Learning Workbench/Event Collectionなどの機能、500MBを超えるデータ容量を利用の場合は、Celonis IBCのライセンス契約が必要です。)

Celonisについて
プロセスマイニングおよびプロセスエクセレンスソフトウェアのリーダーであるCelonisは、データをインサイトとアクションに転換します。CelonisのIntelligent Business Cloudにより、組織はビジネスプロセスを迅速に理解し改善することが可能になります。Siemens、3M、Airbus、Vodafoneを含む世界中の企業は、Celonisを利用して行動を導き、ビジネスプロセスの変革を推進し、数百万ドルのコスト削減とカスタマーエクスペリエンスの向上を実現しています。

【本件に関する報道関係者からの問い合わせ先】
Celonis株式会社
マーケティング担当 土方三千代(ひじかた・みちよ)
Tel : 03-6841-4143
Email : marketing-japan@celonis.com

Process Mining Conference 2020
プロセスマイニング コンファレンス 2020 Summer LIVE 6月30日(火)
June 24, 2020
導入フェーズへ! ――業務プロセスの可視化・分析が導く経営改革
More information

Celonisは6月30日にライブ配信ウェビナーとして開催する「プロセスマイニングコンフェランス 2020 Summer Live」に登壇いたします。Celonisが描くプロセスマイニング の今後の姿は何かをご紹介しますので、この機会にぜひ、ご参加ください。お申し込みはこちらから。

Protiviti webinar June 3rd
Protiviti プロセスマイニングウェブセミナー 6月3日(水)15:00~16:00
May 25, 2020
~COVID-19禍におけるデジタルツールの活用とプロセス分析~
More information

CelonisパートナーであるProtiviti社にて以下の内容にてプロセスマイニングウェブセミナーが開催されます。登録はウェブセミナーサイトへ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

COVID-19によるパンデミックの影響が長期化するなか、多くの企業がそれに纏わるビジネスの変化への対応の準備が出来ていないことに気付いています。すべての業界を通じたサプライチェーンの混乱、財政危機、流動性のリスクが高まり、業務パフォーマンスと財務パフォーマンスに関する正確で継続的な洞察の価値は、益々重要性を増しています。

デジタルツールを活用したビジネスプロセスのリアルタイム分析や透明性のあるパフォーマンス分析とモニタリングは、企業リーダーが十分な情報に基づいた意思決定を迅速に行い、現状に対応し、リカバリをスピードアップするためには不可欠です。

本ウェブセミナーでは、プロセスマイニングツールのリーディングカンパニーであるCelonis社を迎え、COVID-19対応のための買掛金管理およびサプライチェーン管理のための新しいアプリケーションについて解説します。

ご視聴後には、以下についてのご理解を深めていただけるものを確信しております。

  • 短期的な課題を管理するための、主要なサプライチェーン戦略および戦術
  • サプライチェーンの種類と運転資本分析
  • 企業の意思決定や活動の優先順位付けを行いバリューを出すことに、プロセスマイニングがいかに役立つかについての理解

なお、本ウェブセミナーでの解説は日本語で行います。

日 時:6月3日(水)15:00~16:00
視聴料:無料

プレゼンター

マネージングディレクタ  佐渡友 裕之
Celonis ソリューション・エンジニア  Rui Shi

Celosphere Live (title)
Celosphere Live 2020 4月28, 29 & 30日(火、水、木)
April 08, 2020
~ユーザーカンファランス オンライン開催のご案内~
More information

Celosphere Live概要

Celonis社ユーザーカンファレンスCelosphereをニューヨークとミュンヘンよりオンライン配信で開催いたします。

  • 期間:2020年4月28~30日 
  • 費用:無料
  • 視聴方法:オンラインでのライブ配信
    ※お申し込み後視聴方法を個別にご案内させて頂きます。
    ※専用ソフト等のインストールは必要ありません。
  • 言語:英語
  • 日本時間を考慮し、29日(水)より3日間限定で再配信いたします。
    ※後日、On Demandで一部日本語字幕付きで公開予定
    (公開日は後日弊社ウェブサイト上でお知らせいたします。)
Japan Press JapanServer
Intelligent Business Cloudの日本リージョンを提供開始
March 17, 2020
~日本におけるプロセスマイニング需要に応えて投資本格化~
More information

報道関係各位

Celonis、日本市場での事業強化のため、
Intelligent Business Cloudの日本リージョンを提供開始

~日本におけるプロセスマイニング需要に応えて投資本格化~

プロセスマイニング世界最大手のCelonis SE(ドイツ、ミュンヘン、共同創業者兼共同CEO バスティアン・ノミナヘル)の日本法人であるCelonis株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 小林 裕亨、以下:Celonis)は、クラウドサーバーを国内に設置し、同社のプロセスマイニングソリューション「Intelligent Business Cloud」の日本リージョンの提供を開始します。これは欧米に続きグローバルで6拠点目、アジアでは初のリージョンとなります。

日本ではビジネスプロセス変革やRPAなどの活用による生産性向上、働き方改革への取組みがますます拡大しており、ビジネスプロセスを可視化し効率化を実現するプロセスマイニングへの需要が高まっています。一方、セキュリティの観点から国内でデータを管理したいというお客様もいらっしゃいます。Celonisでは、これらの背景を受け、日本国内にサーバーを設置し、データを管理できるIntelligent Business Cloudの日本リージョンの提供を開始しました。また、これに伴い価格についても従来の業務プロセス体系を刷新し、ネームドユーザーと利用データ量に基づくライセンス体系を日本において正式にリリースします。これにより、一般企業のみならず厳格なセキュリティが求められる公共機関や金融機関、教育機関などへのプロセスマイニング普及を大きく後押しし、ユーザー企業における幅広いビジネスプロセスでのIntelligent Business Cloud導入を加速させます。

Celonis社の共同創業者 兼 共同CEOバスティアン・ノミナヘルは、次のように述べています。「昨今プロセスマイニングによる業務効率化へのニーズはますます高まり、弊社はここ数年飛躍的な成長を遂げています。日本はその成長を牽引する非常に重要なマーケットであり、プロセスマイニングの領域において大きなポテンシャルを持っていると考えています。今回、弊社の日本市場へのコミットメントをさらに強化し、より多くの日本企業のお客様の業務課題解決のサポートをさせていただけることを大変嬉しく思っています」

また、Celonis株式会社の代表取締役社長である小林 裕亨は、次のように述べています。「多くの日本企業のお客様のニーズにお応えし、今回Intelligent Business Cloudの日本リージョンをご提供できることを嬉しく思います。これにより日本のお客様は国内サーバーで大切なデータを管理することが可能になり、より安心して弊社のソリューションをお使いいただけるようになります。Celonisはこれまで以上に多くのお客様にIntelligent Business Cloudを提供し、日本企業のビジネスプロセスの改善をサポートしてまいります」

Intelligent Business Cloudについて
Intelligent Business Cloudは、AI拡張型プロセスマイニングおよびプロセスエクセレンスソフトウェア分野のマーケットリーダーであるCelonisの主力製品です。クラウドソリューションはオンプレミスに比べ、エンタープライズ用途に必要な大容量データでも高速処理が可能で、TCO(Total Cost of Ownership:総保有コスト)を低減するとともに、頻繁な技術更新・新機能の拡張が可能です。プロセスマイニング領域においてクラウドソリューションは数少ない中、CelonisのIntelligent Business Cloudは、グローバルへのスケーラビリティに優れた類まれなソリューションで企業の業務効率化を支援します。

【ご参考】
プロセスマイニングにおいて、本格的なエンタープライズ用途ではクラウドの方がオンプレミスと比較して、以下の点で有利となります。

プロセスマイニングにおけるオンプレミスvs.クラウド比較
本格的なエンタープライズ用途にはクラウドがスピード・経済性・運用面等で有利

Japan_Press_JapanServer

Celonisについて
プロセスマイニングおよびプロセスエクセレンスソフトウェアのリーダーであるCelonisは、データをインサイトとアクションに転換します。CelonisのIntelligent Business Cloudにより、組織はビジネスプロセスを迅速に理解し改善することが可能になります。Siemens、3M、Airbus、Vodafoneを含む世界中の企業は、Celonisを利用して行動を導き、ビジネスプロセスの変革を推進し、数百万ドルのコスト削減とカスタマーエクスペリエンスの向上を実現しています。

本件に関するお問い合わせ:
Celonis株式会社 マーケティング担当
氏名    :土方三千代
URL :www.celonis.com/JP/
電話番号 :03-6841-4143
Email : info.japan@celonis.com

Japan_Celonis Solution Overview
日本法人を設立し、本格的な事業展開を開始
September 24, 2019
~エンドツーエンドでビジネスプロセスの発見、可視化、改善、最適化を実現する画期的なソリューション~
More information

報道関係各位

プロセスマイニング世界最大手の独Celonis(セロニス)、
日本法人を設立し、本格的な事業展開を開始

~エンドツーエンドでビジネスプロセスの発見、可視化、改善、最適化を実現する画期的なソリューション~

プロセスマイニング世界最大手の独Celonis SEは、欧米企業の間で急速に広がりつつあるプロセスマイニング技術、および関連ソリューションを日本企業に提供するため、日本法人であるCelonis株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:小林 裕亨)を設立し、本格的な事業展開を開始したことを発表します。プロセスマイニング・ソリューション(注1)を提供する海外ベンダーの中で、Celonis社は日本法人を設けた初の企業となります。

独Celonis SE(www.celonis.com)は2011年に設立され、新しい概念・技術であるプロセスマイニングについて商用化段階から普及に至るまで、テクノロジーおよび市場・業界を一貫してリードしてきました。現在ではプロセスマイニングに関して唯一のユニコーン企業であると評価されています。ドイツや英国、オランダなど欧州や北米に事業拠点を展開し、シーメンスやABB、BMW、米Uberなど全世界で700社を超える大手企業を顧客としています。

導入実績(一部)
・ 独シーメンス:2012年に導入後、現在グローバルで5000人を超える社員が様々な業務で活用中
・ BMW:購買・財務・生産・IT管理など多くの業務におけるデジタルトランスフォーメーションに活用中
・ Uber:毎日約60万件発生する個人ユーザーからの問い合わせを分析して顧客満足度向上に活用中

これらの実績の下、日本では長年の懸案とされているビジネスプロセス変革、RPAなどの活用による生産性向上や働き方改革、およびコンプライアンスの強化などに向け、最先端のソリューション(注2)を提供します。各企業固有の経営課題やニーズを踏まえたソリューション提供を重視するため、主要コンサルティング・ファームや国内システム・インテグレーターとの協業を進めています(注3)。またSAP社とのグローバル契約(SAP Solution Extensionsパートナー)を締結しており、日本におけるSAPユーザー様へ弊社ライセンスのご提案をするなどの協業を開始しています。Celonisは、今後もパートナー企業とのエコシステムを拡大します。

働き方改革や生産性向上を推進する日本企業におけるプロセスマイニングの適応用途
・ 働き方改革における労働時間短縮
・ RPAやAIの導入における最適な適応業務の発見およびその効果分析
・ IT2025年問題(企業ITシステムの刷新と更改)対応のための業務・システムの見える化
・ グローバル化が進む日本企業の海外オペレーションの標準化・統合に必要となる見える化
・ 上記を含む生産性向上やデジタルトランスフォーメーションに必要な業務可視化と改善の加速
・ 法令や規則を遵守したプロセスになっているか、逸脱はないかなどコンプライアンスのチェック

Celonis社の共同創業者 兼 共同CEOバスティアン・ノミナヘルは、次のように述べています。「弊社はグローバル市場において過去数年間にわたり2~3倍の成長を続けており、日本市場にはこの成長をリードする大きな潜在需要があると考えています。Celonis社は、グローバルにおけるプロセスマイニングのNo1ベンダーであり、今回の日本拠点の開設によって、その成長を一層加速いたします。日本法人の設立によって、日本企業の経営スタイルや風土に沿ったプロセスマイニングの活用による業務の高度化・生産性向上に貢献できると期待しています」

また、Celonis日本法人の代表取締役社長である小林 裕亨は、次のように述べています。「パートナー企業と協力しながらCelonis社の最先端のプロセスマイニングソリューションを多くの日本企業にご提供できることを嬉しく思います。日本企業が伝統的に有している現場志向や社員一丸での改善が尊ばれる組織風土や価値観を大事にしつつ、プロセスマイニングがさらに一段進んだ業務高度化に貢献できると確信しています」

Celonis日本法人は、プロセスマイニングを活用できるビジネスアナリストやデータサイエンティスト育成に向けたオンライン・トレーニングプログラムの提供(年内日本語化完了予定)や、大学との共同プログラムによるCelonisアカデミープログラムの提供など、さまざまな情報提供を通じてプロセスマイニングの啓蒙と人材育成を進めます。

Celonisについて
Celonis(www.celonis.com)は、エンタープライズ・パフォーマンス・アクセラレーション・ソフトウェアのリーダーです。プロセスマイニング・テクノロジーをベースに構築された、CelonisのIntelligent Business Cloudは、業務プロセスの可視化・効率化を支援します。グローバルに事業拠点を展開し、全世界で700社を超える大手企業を顧客としています。

本件に関するお問い合わせ:
Celonis株式会社 コーポレートマーケティング担当
氏名 :寺岡剛
URL :www.celonis.com/jp
電話番号 :03-6841-4143
Email : info.japan@celonis.com

注1【プロセスマイニング概要説明】

企業内のさまざまな業務システムが生成するイベントログデータ(業務処理にあたって発生した履歴データ)を集め、ID(対象)、アクテビティ(処理内容)、タイムスタンプ(時刻)を軸にデータマイニング技術を用いて分析。それにより、現実に行われている(行われた)ビジネスプロセスを再構成・可視化し、分析し、そして最適化できるようにする概念や技術です。独アーヘン工科大学のウィル・ファン・デル・アールスト教授(Wil van der Aalst)が体系化しました。業務担当者へのヒアリングなどにより属人的かつ部分的にしか把握できなかったこれまでに比べ、客観的かつ具体的に業務実態を把握できます。企業が気づかなかった業務上の課題やボトルネックの発見、事実に基づくビジネスプロセス改善・改革の遂行、法律や業務規則を遵守するコンプライアンス管理などを、体系的に行うことを可能にします。

注2【Celonisの提供ソリューション】
Japan_Celonis Solution Overview

Celonisは独自アルゴリズム(特許取得済み)をエンジンに持つプロセスマイニングソリューション「Celonis」を提供しています。企業向けのEnterprise版、小規模企業やスタートアップ向けのSnap版、大学向けのAcademic版があります。2018年にはクラウドサービスの提供を開始しました。「Celonis Intelligent Business Cloud(略称Celonis IBC)」です。いずれも非効率でイレギュラーな業務を特定し、その原因を推定するアナリティクス機能に加え、AIを活用したプリディクティブな(予測的な)業務アドバイスを行う機能や、業務改善状況のモニタリングを行う機能を提供します。ERPシステムからのデータ抽出を簡単に行うためのコネクターを80以上揃えており、短期間でCelonis IBCを導入することが可能です。日本ではCelonis IBCを中心に展開していきます。
Japan_Celonis IBC Functions

また、改善の可視化や分析にとどまらず実行サイクルまでを包括的に支援できるプロセスマイニングソリューションを提供できるのが当社の強みです。さらに当社のユーザー企業の経験を基にした業務プロセスの分析や改善のベストプラクティスのテンプレートをご提供しており、ユーザー企業の広がりとともにこのベストプラクティスの集積(アプストア)も急速に拡張しています。
Japan_TransformationCycle


注3【Celonisパートナー企業(2019年9月現在)】

Celonis株式会社は、日本国内において下記のパートナー企業とパートナーシップを締結しています:

・SAPジャパン株式会社
(〒102-8022 東京都千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル)
・アビームコンサルティング株式会社
(〒100-0005東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 丸の内永楽ビルディング 24階)
・アクセンチュア株式会社
(〒107-8672 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR)
・伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
(〒100-6080東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル)
・KPMGジャパン
有限責任 あずさ監査法人
(〒162-8551東京都新宿区津久戸町1番2号)
KPMGコンサルティング株式会社
(〒100-0004東京都千代田区大手町1丁目9番7号大手町フィナンシャルシティ サウスタワー)
・株式会社三菱総合研究所 
(〒100-8141東京都千代田区永田町二丁目10番3号)
・MRIバリューコンサルティング・アンド・ソリューションズ株式会社
(〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-2品川シーサイドウエストタワー 9階)
・protiviti LLC
(〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル 22階)
・トランスコスモス・アナリティクス株式会社
(〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-25-18)
・UiPath株式会社
(〒100-0004東京都千代田区大手町1-6-1大手町SPACES)

【SAPジャパン株式会社 代表取締役社長 福田譲様によるコメント】

この度は、Celonis社の日本法人設立を心よりお祝い申し上げます。
SAPは、お客様により高い価値を提供するために、ソフトウェアパートナーと共同開発し、SAPが販売、製品サポートをする取組み「SAP Solution Extensions Partner (SolEx)を推進しています。
Celonis社とは2017年よりSolExにおける戦略的ソフトウェアパートナーとして、「SAP Process Mining by Celonis」(Celonis)をリリースし、すでに世界各国の多くの変革リーダー企業様にご活用頂いております。 
このような戦略的な取り組みをする意味は、SAPアプリケーションに眠る「トランザクションデータ」(宝の山)を、CelonisによりSAPアプリケーションとシームレスに連携しリアルタイムで可視化することが可能になり、SAP顧客のデジタル変革実現を加速することができると考えたからです。
【株式会社三菱総合研究所 コンサルティング部門副部門長 百瀬公朗様によるコメント】

この度は、世界最先端のプロセスマイニングソリューションを提供するCelonis社の日本法人が設立されたことを心よりお喜び申し上げます。日本のIT環境は「2025年の崖」問題が経済産業省から指摘されている通り、自社開発による情報システムの老朽化・複雑化・ブラックボックス化に直面する企業が多く存在しています。こういった情報システムを維持しながらも業務革新を進め、将来的には情報システムの刷新につなげる日本ならではのデジタルトランスフォーメーションが求められています。Celonisのプロセスマイニングはその大きな推進力になるものと期待しています。

【伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 常務執行役員/CIO原口栄治様によるコメント】

この度は、Celonis社の日本法人が設立されたことを心よりお喜び申し上げます。
当社では、働き方改革・業務自動化に対して多くのソリューションを提供していますが、昨今では特にRPA分野での貢献が大きくなっています。
一方で、さらなる業務自動化や先進的なDXを進めていくためには、業務プロセス全体の可視化・最適化の必要性を強く感じています。しかし、これまでは実際に利用されている基幹系システムの全プロセスを可視化し、それに対する改善策をKPIを定めて実行する事はできませんでした。
これらを可能にするCelonisプロセスマイニングを昨年より検討開始、現在、社内及びお客様への導入を進め、Celonisスキルを高めています。
今後、当社のさまざまな商品・サービスとCelonisのソリューションを連携させ、市場の啓蒙・発展に協力していきたいと考えています。

以上