プロセスマイニングとは

プロセスマイニングとは、現行の情報システムから容易に活用できるイベントログを基に知識を抽出することで、実際のプロセス(あなたが思い込んでいるプロセスではなく)を発掘し、モニタリングし、改善するための分析手法です。

プロセスマイニングは、実際のデータから得られる客観的で事実に基づいた洞察を提供し、コンプライアンスやパフォーマンスに関連する疑問に答えることで、既存のビジネスプロセスの監査、分析、改善に役立ちます。

このテクノロジーは Celonis Execution Management System の中心的な要素です。ユーザーはプロセスの実行状況を十分に理解した上で、自社の実行能力(Execution Capacity)、つまり業務オペレーションの最能力をCelonis EMSで測定し、さらに業務の実行を妨げる事象、Execution Gapを取り除くために自動化されたアクションをCelonis EMSで実行することができます。

What-is-process-mining-collage
Close
What-is-process-mining-collage
1. プロセスとは何か?
2. マイニングとプロセスとどう関係があるのか?
3. なぜプロセスの効率化が重要なのか?
3a. プロセスマイニングはどこで役立つのか?
3b. 物事がうまくいかない場所と理由を見つける
3c. プロセスマイニングからアクションに移すまで

1. プロセスとは何か?

プロセスとは、定義または認識された「開始」から「終了」までの業務処理が進行する中で繰り返される一連のアクションやステップのことである。プロセスの目的は、タスクを可能な限り効率的かつ一貫して完了させることができるように、一般的に理解されているフローを確立し、維持することである。

Happy Path

一般的なビジネスプロセスには、例えば、P2P(Purchase-to-Pay)、O2C(Order-to-Cash)、カスタマーサービスなどがあります。また、ほぼすべての企業では、これらのプロセスは、ビジネスの基幹となりますが、企業の日常業務をサポートするプロセスは他にも数多くあります。

  • 製造プロセス

  • 生産プロセス

  • 流通プロセス

  • 物流プロセス

  • サプライチェーンプロセス

  • 買掛金処理プロセス

  • ITサービス管理プロセス

  • 売掛債権処理プロセス

  • ユーティリティプロセス

  • マスターデータ管理プロセス

2. マイニングとプロセスとどう関係があるのか?

プロセスマイニングという言葉は、データマイニングの分野に由来しています。概念としては、質問に答えたり、問題を解決するための洞察を得たりするためにデータを「マイニング」するということです。データマイニングでは、通常、特定された課題や障壁に特化した検索を行います。

プロセスマイニングは、ビッグデータを分析してビジネス上の意思決定をサポートするという点でデータマイニングと似ていますが、プロセスマイニングはイベントログデータに特殊なアルゴリズムを適用して、単一作業の非効率性を見るのではなく、プロセス全体がどのように実行されているかの傾向、パターン、および詳細を特定します。

3. なぜプロセスの効率化が重要なのか?

市場調査会社IDCによると、ほとんどの企業ではプロセスが最大限に効率化され実行されてはいないと言うことに気づいていないだけでなく、収益の20~30%がそのために失われています。

タスクを完了させるため、すべてのプロセス、プロセス中の各ステップ、および担当者について考えてみましょう。バリエーション可能性が無限にあるだけでなく、部門が異なると、使用しているシステムも異なり、プロセスの途中で別々の(しかし時には重複している)業務を処理しているということがよくあります。つまり、関係するすべてのステップを一元的に管理する担当者やチームが企業内に存在することはほとんどありません。また、ある領域のパフォーマンスが低下している場合、それは他のすべての領域に影響を与えていることを意味しますが、どこでどのような影響が発生しているのかはすぐには判明できないことも多々あります。

プロセスは静的なものではないことを認識することが重要です。いかに優れた計画であっても定められた手順から外れることがあり、時間が経つにつれ、このような逸脱したプロセスがルールになることもあります。顧客の期待、新しい製品ライン、買収、地域の変化、アウトソーシング、異なるサプライヤー、競合他社の動き、規則や規制など、すべてがプロセスの実行能力をフルに発揮できるかどうかに影響します。

業務すべてが効率的に処理されていれば、企業は外部変化要因に容易に適応することができ、社内のイノベーション、品質向上、顧客との関係強化を通じて収益を促進するための時間をより多く確保することができます。

3a. プロセスマイニングはどこで役立つのか?

現代のデジタルエコノミーでは、企業は時代の先端を行くために最大限の能力を発揮して業務オペレーションを実行する必要があります。そのためには、柔軟なプロセスが必要であり、その柔軟性は、物事がどのように機能しているのか、どこにシフトが可能なのかを深く理解して初めて得られるものです。

  • 納期遵守の可能性が一番高いのはどの業者か?

  • どの社員がプロセスに従っていないのか?

  • 売上を増やさず減らしているチャネルパートナーはどこか?

プロセスマイニングは、これらの疑問や更にその他の疑問に対する答えを提供します。さらに、プロセスマイニングでは、プロセスを迅速に監査することができ、多くの企業が継続的なモニタリングやプロセスの最適化のためにプロセスマイニングを使用しています。このようにして、潜在的な問題をマイナスの影響が出現する前に発見することができるため、コスト効率が高く、コンプライアンスを遵守し、競合他社よりも数段先を行くビジネスオペレーションを実現することができます。

3b. 物事がうまくいかない場所と理由を見つける

重要プロセス評価指標(Key Process Performance Indicator : KPPI)を使用して、プロセスマイニング技術は、プロセスを修正または改善する余地がある場所を的確に示すことができます。また、業務システムのデータに対して根本原因分析を行うことで、標準プロセスから逸脱している可能性のある原因を示します。

また、KPPIを企業の主要業績評価指標(KPI)に結び付けることで、包括的な測定、詳細な分析、改善仕様、持続可能性のモニタリングなど、すべてを単一の環境で行うことができます。

3c. プロセスマイニングからアクションに移すまで

プロセスマイニングは、プロセスが実際にどのように実行されているかを完全に可視化し、KPIの妨げとなっている非効率性やExecution Gap(業務の実行を妨げている事象)、およびその根本原因を特定することができます。しかし、これらの洞察に基づいて行動を起こしたいと考えている企業は、さらに一歩踏み込んだアクションを取ることができます。

Execution Management Systemを使用することで、企業はプロセスマイニング、AI、自動化などの一連のプロセス改善ツールを活用して、プロセスの何が問題なのかを突き止めるだけでなく、それを修正するために自動化されたインテリジェントなアクションを取ることができます。その結果、継続的なプロセス改善により、実行能力が向上し、これまで以上に大きな成果を得ることができます。