Close
Birds Migrating

システム移行ステップバイステップ:移行プロジェクトのための5つのステップのチェックリスト

TOPICS一覧に戻る

2021.1.29

システム移行ステップバイステップ:移行プロジェクトのための5つのステップのチェックリスト

システムの移行は評判が悪い。それは不思議でもありません。ERPの移行プロジェクトの75%は、予定期間を過ぎてしまったり、予算を超過したりしているため、リスクが高いだけでなく、コストもかかります。Haribo(ドイツの製菓会社)、Lidl(ドイツのディスカウントマーケット)、ドイツ銀行などの大手企業を含む大小様々な企業がSAP S/4HANA移行に腐心した例を考えると、あなたが自身のシステム移行にも悪夢を想像してしまうのは理解できます。

しかし、実際に価値をもたらして成功した(あるいは、そうしようとしている)移行プロジェクトもあります。例えば、Schlumbergerは、S/4HANAへの移行で4,000万ドル2ヶ月を節約しました。SysmexはS/4HANA移行を利用して与信管理プロセスを刷新し、納期の短縮、現金化までの時間短縮、顧客満足度の向上を実現しました。

100万ドルに値する質問;ではどのようにしてそれを実現するのか

システム移行を成功させるまでの道のりには、多くの課題や落とし穴があることを私たちは知っています。だからこそ、ロードマップを正しく作成することが最初のステップとなります。SAP ECCからS/4HANAへの移行、Workday、Salesforce、その他のCRMやERPシステムの移行など、どのレガシーシステム移行プロジェクトに着手しようとしているかに関わらず、Celonisは、お客様の移行を成功させるための第一歩として、お客様のロードマップを作成します。

移行作業をスタートさせるために、以下の移行チェックリストを作成しました。システムの移行をステップバイステップで行い、目標を達成するために目を光らせておけば、成功のチャンスを掴むことができます。

1. 利害関係者を味方につける

長い間、システムの移行は主にIT部門の管轄でした。しかし、システム移行は、多くの場合、すべてのビジネスラインに影響を及ぼします。そのため、IT部門とビジネス部門の両方の幹部が推進する戦略的優先事項であることは当然のことです。プロジェクトのタイムラインが長く、ROIの結果が出るまでに時間がかかるため、生産、販売、会計、IT、サプライチェーンなど、あらゆる分野の優秀な人材が必要です。

しかも、経営陣だけでなく、ユーザーもプロジェクトについて理解していなければなりません。単純なことのように聞こえるかもしれませんが、ユーザーが新しいシステムの価値を理解していなければ、売上の増加や日々の業務の効率化など、新しいシステムへの切り替えは行われません。

2.  現状のプロセスを明確に把握することから始める

つまり、新しいシステムに移行する前に、現状のプロセスを理解しておく必要があるということです。移行する要素を決める前に、自社の現行ITエコシステムがどのようになっているかを正確に知ることが重要です。軋んだ車輪に油を差すのではなく、データに焦点を当ててください。データ駆動型のプロセスマッピングのアプローチがあって初めて、プロセスをより良い方向にリエンジニアリングすることができるようになります。

これは、グリーンフィールドとブラウンフィールドの移行の両方に当てはまります。ゼロから実装する場合でも、より良いものを設計する前に、現行ビジネス要件を完全に理解する必要があります。Celonisのプロセスマッピングテンプレートは、これに役立ちます。

3.  重要なマイルストーンのタイムラインを設定する。

主要なマイルストーンにタイムラインとKPIを設定することで、各移行フェーズの成功について利害関係者に説明責任を持たせます。構造化されたロードマップを作成することで、各メンバーがどのようなタスクをどのような順序で行うのかを理解できるだけでなく、必要なスキルや予算が不足している部分のギャップを特定することができます。

4. 技術の活用

移行プロジェクトをリードするために、コンサルタントの業界専門知識を頼りにしているかもしれませんが、今日のテクノロジーの可能性を見落としてはいけません。プロセスマイニング、人工知能、機械学習などの強力なテクノロジーを活用することで、プロセスを客観的にマッピングし、プロセスの逸脱を特定し、新しいプロセスをテストし、非効率性を積極的に解決し、ユーザーの参画度合いを監視することができます。

5. 成功を監視し、定期的にコミュニケーションをとる

システム移行の取り組みは、ビジネスリーダーとエンドユーザーの両方にとってブラックボックスになっていることが多々あります。そのため、移行の主要なフェーズで関係者の事前ヒアリングを行い、ビジネス成果に向けた進捗を追跡することは、関係者の期待値をコントロールし、リーダーシップの賛同を維持するために非常に重要です。

プロセスのパフォーマンス指標(適合性、回避策、手戻り、プロセスステップ間の遅延時間など)を使用して、レガシーシステムと新システムを比較し、最適化の効果を測定します。

定期的なステータスレポート、ざっくばらんな話し合いの場、FAQ、ニュースレター、ユーザーワークショップなどを実施することで、従業員の関心を継続的に高めることができます。

如何に移行戦略を鉄壁なものにするか

システム移行のコスト、リスク、課題を過小評価することは、ビジネスに深刻な混乱をもたらす可能性があります。上記の5つのステップは、戦略的なビジネス移行の概要を説明するための出発点となるはずです。

しかし、それだけで終わらせてはいけません。

移行に着手する前に、下調べをして市場を調査しましょう。他の企業はどのようにシステム移行の戦略を立て、実行しているのでしょうか?他社が直面している共通の課題は何か?どのように解決しているのでしょうか?

必要な答えを見つけるために、Celonisのリソースをチェック

- 知っておくべき11の統計:

 システム移行レポート

では、システム移行に関する一般的な知識をクラウドソース化し、リスクと同時に移行がもたらす機会にも注目しています。システム移行のために組織がどのように戦略を立て、実行しているかを示すトレンド、事実、数字をご紹介します。

- フリクションの無いシステム移行を実行:

無料の「Road to Go-Liveハンドブック」をダウンロードしてください。ITリーダーが経験する主要な課題や、CelonisのようなAIを活用したプロセスマイニングツールがどのようにして移行のあらゆる段階で役立つのかを詳しくご紹介します。

TOPICS一覧に戻る