Close
Simulation

企業はイノベーションをテストするためにデジタルツインを作成しています

TOPICS一覧に戻る

2021.2.12

企業はイノベーションをテストするためにデジタルツインを作成しています

クローンとロボットは長い間、多くのSFスリラーの題材となってきました。なぜなら、私たちは皆、レプリカを利用した魅力的なアイデアを見つけてきたからです。見た目も声も行動も自分と全く同じアンドロイドがいたとして、彼らに降りかかった結果が自分に影響を与えないのであれば・・・彼らを使って危険なアイデアを試してみたいと思いませんか?いくつかの企業では、既にそのチャンスが到来しています。

DTO(デジタル・ツイン・オーガニゼーション)とは、いわゆるレプリカのことで、ここ数年でこのツール利用への関心が高まっています。DTOは、Human Augmentation(人間拡張機能)やクラウドと並んで、過去3年間、ガートナーの「戦略的テクノロジー・トレンドトップ10」にランクインしています。"ガートナーは2020年の予測で、「DTOは自動化のプロセスに不可欠なものになる」と述べています。"DTOは組織に関するリアルタイムで継続的なインテリジェンスを提供し、重要なビジネスチャンスを前進させます。

最も重要なことは、DTOは企業の静的なクローンではないということです。実際の企業と同じように、DTO はサブプロセスを実行し、それ自体に関するリアルタイムのデータを収集することができます。そして、ダイナミックで生き生きとした変化をそこで体現できます。これは非常に重要なことです。マニュアル書で訓練された人が操縦する飛行機には乗りたくないでしょう。フライトシミュレータでプロセスがどのように機能するかを学んだ人の方が良いでしょう。特に、事故やエラーを考慮したものや、1つのミスが雪だるま式に大きくなる可能性のあるものをフライトシミュレータで学ぶのは、より良い方法です。

DTOが効率化と時間厳守にどのように役立つか

複雑なリアルタイムデータのユースケースを持つ企業であれば、DTOに投資することでプロセス改善戦略を成熟させることができます。Lufthansa Citylineの場合、Lufthansa航空の業務をデジタルツイン化することで、チームは新しい取り組みを効率的にテストしています。搭乗手続きや飛行時間などの既存システムの改善に役立て、DTOによってエンジニアは持続可能性の強化などの新しいプロジェクトに着手することができるようになっています。

Lufthansa Citylineの事業開発・プロジェクト管理責任者であるPhilipp Grindemann氏は、2020年のCelosphareで「DTOは、実行中のすべてのプロセスを基準プロセスと比較し、逸脱点を特定する機会を提供してくれます」と述べています。対照群を使用せずに実験を行うことは不可能であり、DTOを使用して企業のベースラインを定義するのは素晴らしい方法です。

多くの場合、プロセスの遅延が実際にどれほど重大なものであるかは、比較対象がないとわかりません。Lufthansa CityLine は、DTO を使用して作業を行ったことで、搭乗プロセスを可能な限り、 1 秒単位まで短縮することの重要性を判断することができました。DTOがなければ、企業は完全には見えなくて理解のできていないシステムに微調整を加えなければなりません。

DTOがサプライチェーンにどのように役立つか

IDCによると、デジタルツインは、世界的な新型ウイルス流行の前の2020年にはすでに普及の準備が整っていたが、ウイルスの流行によりツールの有用性はますます高まっているという。IDCは2019年に製造業におけるデジタルツインの急増を予測し、このツールが "スマートなサプライチェーン管理を含む製造業および産業市場全体のデジタルトランスフォーメーションに有用であることを証明するだろう "と書いています。そして、世界中の顧客が在宅で家庭用製品や除菌製品をオンラインで注文する中で、製造業とサプライチェーンほどパンデミックの影響を直接的に受ける産業は少ない。IDCは、「ビル管理、ヘルスケア、スマートシティ、石油・ガス、スマートビルなど、多くの分野での利用が拡大していくだろう」と予測しています。

テクノロジーとイノベーションの世界的リーダーであるABB(世界的なエンジニアリング企業)は、DTOを使用して "リアルタイムのサプライチェーンのイベントとデータを行動に繋げる "ことを行っています。ABBグローバル・ビジネス・サービスの上級プロセス・アナリティクス担当グループVPであるHeymen Jansen氏は、「DTOを使えば、多くのことができるようになります。プロセスマイニングに目を向けると、常にモニタリングがされています。自分が今どこにいて、どこに行きたいのか、そしてそこにどうやったらたどり着くのかを理解したいと思うでしょう。そして確かに、目標に到達できたかどうかを知りたいと思います。Jansen氏と彼のチームにとって、DTOはこれらのベンチマークを正確に測定することを可能にしています。

"根本原因分析とベンチマーキングにおいては、どのように改善し、より良い結果を出すことができるかを明らかにすることがすべてです。私たちは、KPI の背後にあるプロセスを理解しようとしています」と Jansen 氏は DTO について語ります。これは、企業が蓄積した知識を活用して、データを利用し、ビジネスの成果に結びつけることができる洗練された手法です。ABBは、DTOとプロセスマイニングを利用して、エンドツーエンドのサプライチェーンのダイナミックなデジタルツインを研究することで、成長と効率性向上の機会を掘り起こすことができました。ここで作られるデジタルツインもまた、単純な構造のクローンではありません。と言うのもABBは100カ国以上にまたがり、2000以上のレポーティングユニットを擁し、それぞれが複雑なニーズを抱えているからです。

企業のプロセスがどれほど複雑であっても、デジタルツインを作り上げることで、多くのチームが細部に至るまで、すべてが機能する方法を研究することができます。

TOPICS一覧に戻る