Close
ニュース一覧に戻る

2021.3.2

Celonis、日本進出3年目を迎える―組織体制とエコシステムを強化

2021年3月2日 - (日本:東京、ドイツ:ミュンヘン、米国:ニューヨーク) - Execution Management System(EMS)のグローバルリーダーであるCelonisは、日本法人Celonis株式会社(以下、Celonis)の設立3年目を迎え、サービスに対する需要の高まりを受けて、組織体制を強化するとともにエコシステムの充実を図ります。

Celonisは2011年にドイツで設立されて以来、既に2,000件を越えるプロセスマイニングの導入実績を誇り、多くのグローバルIT調査機関よりプロセスマイニング市場で傑出したNo.1の評価を受けております。

日本では2019年に東京オフィスを開設して以来、国内のプロセスマイニング市場のリーダーとして優良強固な顧客基盤を確立し、お客さまは50社を越えました。昨年は日本で初めてのWebコンファレンス、Celosphere JapanやWorld Tourを開催し、国内のCelonis導入企業である株式会社SmartHR、株式会社ミスミグループ本社、KDDI株式会社に登壇頂くなど、着実に日本市場での成長を続けています。Celonisでは拡大するお客様の需要に対応し、2021年末までに東京を拠点とする従業員の数を倍増させる計画です。

新型コロナの大流行により、日本の企業は日々厳しい状況に直面しています。しかしそのような中、多くの企業がこれまでにないスピードで新しいビジネスモデルの確立に挑み、DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいます。ただし、それは眼前の繰り返し手作業を自動化するという小手先のものではなく、ガバナンスの確立なども視野に入れた戦略的なものでなくてはなりません。経営トップ自らが組織をリードし事業の戦略立案から実行そしてその監視までエンドツーエンドでDXを採り入れた体制を確立すべきです。その際、複雑化した業務やシステムを可視化するプロセスマイニングそしてCelonisは、そのような戦略的DXへの取り組みに奮闘する企業の皆様を強力に支援する他に類を見ないツールです。

Celonis株式会社 代表取締役社長 小林裕亨は次のように述べています。「日本市場では、多くの企業が『データを活用した業務の可視化を実現したい!』と、技術的な手段は異なっていても、いろいろと試行錯誤されていることが分かりました。そして、エンドツーエンドの最適化の可能性に気づき始め、最適化や自動化がいかに収益を大幅に向上させることができるかを認識し始めています。このような状況が注目される中、Celonisはプロセスマイニングの専門知識を武器に、東京オフィスのメンバーが日本企業の変革を迅速に進めるための支援を行っています」

Celonisは2,000件以上に及ぶ案件より蓄積した様々な業界の専門知識を駆使して、国内の企業がその業務能力をフルに発揮できない原因となっているボトルネックをまず特定し、その障壁を取り除くことで得るメリットを探ることに注力してきました。日本の企業がサプライチェーン、財務システム、製造・生産プロセスの効率化などの機会を認識するようになってきたことを受けて、Celonisはお客様の期待に応える優秀な人材を増員してまいります。

「日本企業のプロセスマイニングへの関心はますます高まっています」と小林は続けます。「過去12カ月間の厳しいビジネス環境の中で、Celonisはすでに日本企業に対して、ビジネスプロセスを効率化してボトルネックを取り除くことで、パフォーマンスのポテンシャルを開放する改善策を特定して実行できることを実証してきました。その反響は圧倒的にポジティブなものでしたので、日本でのサクセスストーリーを次のフェーズに進めるために、優秀な人材を募集しています。」

Celonisは、東京に従業員を擁する急成長中のチームを擁し、現行20社とパートナーシップを築いており、今後更にパートナーネットワークを積極的に展開していきます。

お客様からのコメント

【富士通株式会社 執行役員常務 CIO 兼 CDXO補佐 福田譲様】

日本法人設立3周年、おめでとうございます。富士通株式会社は全社DXプロジェクト「フジトラ(Fujitsu Transformation)」の一環で、グローバル/グループの経営管理と業務プロセスの変革に取り組んでいます。Celonisを活用したプロセスマイニングは、既存の複雑な業務の関係性を明確にし、データに基づく分析を可能にします。デジタル時代の組織と業務、カルチャーの変革のための有効な手段として注目しており、積極的に取り組んでいきます。

パートナー企業様からのコメント

アビームコンサルティング株式会社 P&T Digital ビジネスユニット 執行役員 プリンシパル 大村泰久様】

Celonis株式会社、日本法人設立3年目を心よりお祝い申し上げます。

昨今、経済環境の動向が不透明な状況において企業変革を実現するために、データドリブンから得られる示唆のもと、俯瞰的な視点で業務の実態を把握することが一層重要になっています。

弊社は数多くの企業のデジタルトランスフォーメーションを支援する立場として、プロセスマイニングにおいて世界のトップシェアを占めるCelonis社が提供する業務の全体像を俯瞰します。さらに、業務オペレーションを最適化させるプラットフォームとして「Celonis EMS Platform」を活用し、ともに企業変革を推進していけることを大変嬉しく思っています。

これからもリアルパートナーとして、プロセスマイニングの浸透に取り組み、「日本および日系企業のグローバルでのデジタルトランスフォーメーション」の実現に邁進していきたいと思います。

【伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 常務執行役員 原口栄治様】

このたびは、Celonis社の日本法人が設立3年目を迎えられたことを心よりお祝い申し上げます。

日本がこれからのデジタルトランスフォーメーションを検討していく中で、企業の業務改革に俯瞰的な視点で取り組むことのできるプロセスマイニングは大変重要な役割を果たすと考えています。

当社でも社内ワークフローと連携されたSAP S/4 HANAを一気通貫で可視化・モニタリングするプロジェクトにCelonisを活用してきました。現在は競争力強化を目的とする社内DXプロジェクトを開始しております。

自社事例や様々な国内のお客様へのCelonisの導入経験を生かし、これからもCelonis社の良きパートナーとして、日本でのプロセスマイング市場の啓蒙と発展に邁進していきたいと考えております。

Celonisについて

Celonisは、すべての企業がプロセスマイニング技術を使うことで、既存システムに手を加えることなくデータを連携させて業務オペレーション効率(Execution Capacity)を最大化させることができると信じています。市場をリードするプロセスマイニングエンジンを搭載した「Celonis EMS」は、Celonis Execution Instruments、Celonis Execution Apps、Celonis Studio、プラットフォーム機能のセットを提供します。CelonisのEMS製品は、分析から戦略・計画、管理、アクション、自動化に至るまで、実行管理のあらゆる側面を支援します。

Celonisは、Asea Brown Boveri(アセア・ブラウン・ボベリ)、AstraZeneca(アストラゼネカ)、Bosch(ボッシュ)、Coca Cola(コカコーラ)、Citibank(シティバンク)、Dell(デル)、GSK(グラクソ・スミスクライン)、John Deere(ジョン ディア)、L'Oreal(ロレアル)、Siemens(シーメンス)、Uber(ウーバー)、Vodafone(ボーダフォン)、Whirlpool(ワールプール)など、数千社のお客様にご利用いただいています。Celonisはドイツミュンヘンと米国ニューヨークに本社を置き、世界15拠点でオフィスを展開しています。

本件に関するお問い合わせ:
Celonis株式会社 マーケティング担当
氏名:土方三千代
URL:www.celonis.com/JP/
電話番号:03-6841-4143
Email:marketing-japan@celonis.com

ニュース一覧に戻る